ぽむぜろアーカイブ

ぽむぜろアーカイブ

限界オタクが推しコンテンツの思い出を記録していきます

アビドス:『対策委員会』『アビドス生徒会』を解説する!【Character Archive】

アビドス高等学校

たった5人の生徒のみが在籍する、廃れた高校。
かつてはキヴォトス最大にして最長の歴史を誇るマンモス校であり、アビドス砂漠のオアシスでは「砂祭り」が開かれていた。

しかしアビドス砂漠からはいつからか大規模な砂嵐が巻き起こるようになり、それは市街地を砂で覆い尽くしていった。自治区の復興を試みたアビドス生徒会は土地を担保としてカイザーローンに借金をするも、加速する砂漠化現象に対処することができず、借金をしては土地を売り、また借金をしては土地を売り……の悪循環に陥ってしまう。

結果として自治区の大半は砂に埋もれ、人口は外部へ流出。アビドス高校は生徒会組織も維持できなくなり、莫大な借金だけが残されることとなった。自治区の所有権はほとんどがカイザー社に渡っている。

2年前に本館から別館への校舎移転を行ったため、旧生徒会の資料はいくつか失われている。

対策委員会

正式名称は「アビドス廃校対策委員会」。アビドスの現在校生5名からなる。カイザーローンへの借金を全額返済し、アビドスを廃校の運命から救うことがその活動目標。部室は学園祭事務局のものを利用している。
対策委員会編2章ラストより、連邦生徒会の認可を受けてアビドス生徒会としての役割も担うようになった。

そんなアビドス対策委員会のメンバーを一挙紹介!!
※この記事はメインストーリー最終編、対策委員会編3章の内容を含みます。未読の方はご注意を!

小鳥遊(たかなし)ホシノ

f:id:pomzero:20231023213421p:image

3年生。17歳。145cm。誕生日は1/2。
対策委員会委員長にして、元アビドス生徒会副会長。
自身を「おじさん」と称するお昼寝好きの少女。気の抜けたような言動が特徴だが、根はマジメで責任感も強い。本人は隠したがっているものの、眠気の原因も毎晩のパトロールにある。
使用武器はショットガン「Eyes of Horus」。銃の手入れだけは常に怠らない。
先生との初対面は対策委員会編1章。

・対策委員会編2・3章(過去エピソード)
ユメとたった2人でアビドス生徒会を運営。落ち着いた性格で、楽観的な彼女を窘める立場にあったらしい。戦闘力の高さからゲヘナ情報部にもマークされていた。この時点で黒服からのスカウトを受けている。

・エデン条約編3章、対策委員会編3章(過去エピソード)
ユメ失踪より約一か月後、アビドス砂漠で彼女の遺体を発見する。

・対策委員会編3章(過去エピソード)
ユメの死の真相を知るべく、彼女が持ち歩いていた「手帳」を求め砂漠や生徒会室を捜索。その中でノノミと出会う。

・最終編(過去エピソード)
ノノミとともに自治区を彷徨うシロコを捕獲。彼女が記憶喪失であると知り、アビドスに迎え入れる。

・対策委員会編1章
カイザーローンの不審な動きを察知し、集金記録を回収するためブラックマーケットの暗黒銀行を襲撃。意図せずして1億円を手にすることとなるが、「一度でもこの方法を肯定すれば、倫理観が少しずつ歪んでいく」として放棄した。

・対策委員会編2章
カイザーPMC理事がアビドスの信用ランクを最低限まで引き下げたことで、黒服の契約に応じてアビドスを退学することに。アビドス本館跡地に作られたカイザーPMC基地の実験室に囚われるが、先生と対策委員会の仲間たちによって無事救出される。
黒服によれば「キヴォトス最高の神秘」「暁のホルス」と呼ばれる存在であるらしい。

・絆ストーリー
雑誌の懸賞でアクアリウムの招待券を引き当て、先生とともに水族館を楽しむ。

・エデン条約編3章
ヒフミの頼みに応じ、対策委員会の皆で彼女を助ける。

・アビドスリゾート
砂祭りで使うはずだったBBQセットを持参し、後輩たちと共にリゾートで遊ぶ。
ヘルメット団の襲撃を受けても「今はみんなが来てくれるって信じてるから」と動じなかった。

・絆ストーリー(水着)

f:id:pomzero:20240410112146p:image

アビドスには無い「海」を目の前にして感動。跳ねる魚に大興奮し、将来の目標に「クジラのジャンプを見ること」が加わる。

・最終編
色彩ビナー攻略戦に参加。シロコを救うためアトラ・ハシースの箱舟占領戦にも加わり、シロコ*テラーの暗い瞳にかつての自分自身を見る。

 

砂狼(すなおおかみ)シロコ

f:id:pomzero:20231023213436p:image

2年生。16歳。156cm。誕生日は5/16。
口数は少なめだがノリは良い方で、色んな事に前のめり。身体を動かすことが好きで、ランニングやライディングを趣味としている。アビドスでは唯一の自転車通学。
アビドス復興のためならどんな手段も惜しまないとして、常日頃より脳内で銀行強盗のプランを練っている。しかし不法に得たお金はホシノが認めないことも理解しているため、実行に移すことはない。
使用武器はアサルトライフル「WHITE FANG 465」。飛行ドローンも持ち歩いている。
先生との初対面は対策委員会編1章。

・最終編(過去エピソード)
名前以外の一切の記憶を失った状態でアビドスに流れ着く。野犬のような生活を送っていたが、ホシノによって捕獲され彼女のマフラーを譲り受ける。

・対策委員会編1~2章
暗黒銀行の集金記録を盗み出すことになり、ウキウキと覆面を取り出す。

・絆ストーリー
自分のことを真剣に心配してくれる先生に対し、好ましい感情を抱く。

・絆ストーリー(ライディング)

f:id:pomzero:20240410112208p:image

約4000kmのロングライドに挑戦。先生がいつも傍にいてくれることを嬉しく思う。

・アビドスリゾート
釣りに乗り気。恋敵の気配を察知したのか、ワカモに反射的に攻撃を仕掛ける。

・絆ストーリー(水着)

f:id:pomzero:20240410112224p:image

海に潜って貝を捕ったり、先生とリゾートを歩き回ったりする。

・最終編
プレナパテスに拉致され、アトラ・ハシースの箱舟に閉じ込められる。その後先生によって救出され、「ナラム・シンの玉座」で別次元の自分と相対。経験の差で圧倒されるも立ち上がり続け、勝利を収めた。
箱舟脱出後、もう一人の自分に対策委員会との思い出が詰まった「覆面」をプレゼント。いつか一緒にツーリングしようと約束を交わす。

 

十六夜(いざよい)ノノミ

f:id:pomzero:20231023213450p:image

2年生。16歳。160㎝。誕生日は9/1。
セイント・ネフティスカンパニーの令嬢。社の資金を引き出せる「ゴールドカード」を所持しているが、ホシノからは借金返済に使わないようにと厳しく言われている。そのため、大抵はお菓子を買ったり部室の備品を充実させたりに使用している様子。
武器はマシンガン「リトルマシンガンV」。サイズはリトルではない。
先生との初対面は対策委員会編1章。

・対策委員会編3章(過去エピソード)
私立ネフティス中学校の卒業を前に、ホシノと接触。彼女にゴールドカードによる借金返済を提案するも、論理的に却下されてしまう。ネフティスと協力関係にあるハイランダーへの進学を予定していたが、ネフティスがアビドスに及ぼした影響を思えばその窮状を無視することはできず……。

・対策委員会編1~2章
借金返済の方策としてアイドルグループ「少女水着団」の結成を提案。あえなく却下される。銀行強盗の際には「覆面水着団」を名乗り、セリカからは相変わらずのネーミングセンスをツッコまれている。

・絆ストーリー
先生と一緒にショッピングモールに赴き、皆へのプレゼントを購入。先生には膝枕耳かきをプレゼントする。

・エデン条約編3章
「普段はアイドルとして活動し、夜は悪人を倒す副業をしている」などと覆面水着団に妙な設定を追加する。

・アビドスリゾート
夜の海辺でホシノと会話。不思議と気の置けない感じ。

・絆ストーリー(水着)

f:id:pomzero:20240410112404j:image

先生に連れ出され、夜光虫によって星空のように輝く海を目の当たりにする。

・最終編
アビドスに鉄道を敷き、人口流出を加速させた「セイント・ネフティスグループ」と並々ならぬ関係があるらしい。

 

黒見セリカ

f:id:pomzero:20231023213503p:image

1年生。15歳。153㎝。誕生日は6/25。
ツンデレツインテ会計。アビドスの借金返済のため、柴関ラーメンをはじめとする様々なアルバイトに勤しんでいる。真面目だが、怪しげな商法に引っかかりがち。
使用武器はアサルトライフル「シンシアリティ」。丁寧に整備されており、セリカの誠実さが窺える。
先生との初対面は対策委員会編1章。

・対策委員会編1~2章
「今さら外部の大人に頼るなんて」と先生に反発するが、ヘルメット団から救出されたことを機に心を許すようになる。便利屋68によって店舗が爆破された後も、屋台として再出発した柴関ラーメンで引き続き働くことに。

・絆ストーリー
個人で稼いだお金はなかなか皆に受け取ってもらえないので、先生と一緒にアルバイトに励む。毎日を共に過ごすうち、先生を「頼もしい大人」として意識していくように。

・新春狂想曲
願いが叶うとSNSで話題の神社・大吉殿で巫女アルバイトに励む。その後カイテンジャーに奪われた賽銭箱を取り戻すため、便利屋68と行動を共にすることに。

・絆ストーリー(正月)

f:id:pomzero:20240410112505j:image

「完璧な巫女であればあるほど時給が上がる」という珍しいバイトを発見。先生から極めてオタク的な「巫女」の知識を与えられるも、見事神社の大人気巫女となる。

・アビドスリゾート
柴関ラーメンのくじ引きでリゾート使用権を引き当て、大喜びする……も、リゾートの実態を目の当たりにして愕然とする。

 

奥空アヤネ

f:id:pomzero:20231023213517p:image

1年生。15歳。153㎝。誕生日は11/12。
書記。対策委員会の常識人枠。普段は温厚だが、先輩のおふざけが度を越すようであればちゃぶ台返しをする。趣味は骨董品集め。
武器はハンドガン「コモンセンス」。よっぽどキレない限り使うことはない。
先生との初対面は対策委員会編1章。

・対策委員会編
活動開始直後のシャーレに救援依頼を送った。オペレーターを務めるため基本的に戦闘には参加しないが、ホシノ救出時には実地に赴く。

・絆ストーリー
校舎の水道を修理しようとした結果、なぜか先生と体育倉庫に閉じ込められる。

・アビドスリゾート
ヘリ(雨雲号)を購入し、皆でリゾート島へと飛ぶ。……が、ヘリは墜落してしまい、修理が完了するまで対策委員会はリゾートで過ごすことになる。

・絆ストーリー(水着)

f:id:pomzero:20240410112242p:image

まだ起きたくない……起きてなるものか……と布団に身をくるんで駄々をこねる。しかし起こしに来た相手がセリカではなく先生であったと知って赤面することに。

・最終編
虚妄のサンクトゥム攻略戦の作戦会議に参加。色彩ビナー戦の作戦立案を担当したのち、本船にもオペレーターの一員として乗船した。

 

アビドス生徒会

2年前までは存在していた、アビドス高校の行政組織。

梔子(くちなし)ユメ

f:id:pomzero:20240413201233p:image

生徒会長。お人好しですぐに騙されるタイプ。前向きな性格で、日々の記録を失敗も含めて手帳に書き残していた。

・対策委員会編3章(過去エピソード)
ホシノとたった二人の生徒会を運営。学校の借金を返済すべく行動するも、たびたびトラブルに巻き込まれてはその都度ホシノに助けられていた様子。
ホシノと別れて33日後、アビドス砂漠にて遺体で発見される。その直前にネフティスと「砂漠横断鉄道の施設利用権を買い入れる」という契約を交わしていたようだが……?